【収納のプロの世界では常識!?】お部屋の片付け方ポイント3選

健康

こんにちは!日々暮らしの環境がよくならないか工夫中のニコリです(^^)

前回お部屋を快適にすることのメリットを解説した記事を載せましたが

今回は収納アドバイザーの方達が共通して伝えている、お部屋が片付く考え方3選を紹介します。
私も実際片付けの際に参考になった考えたなので、ぜひチェックしてみてください(^^)♪

スポンサーリンク

収納アドバイザーの方達が共通して教えている!お部屋が片付く考え方3選

  1. ものに住所をつけてわかるようにする
  2. シンプル、簡単にできる
  3. ものを増やしすぎない



1、ものに住所をつけて、わかるようにする

  • 仲間で分けて置き場所を決める
  • 床に置かない
  • できるかぎり表に出さない

ものに住所をつける」こちらは収納について調べるとよく目にしますよね。
片付けは、自分自身、そして家族がどこに何があるかを「分かるようにすること」が一番大切らしいです。

実際私がよく使うスペースは片付けを担当していますが、どこに何があるかを把握していると
すぐに出すことができ、使い終わった後も何も考えずに元の場所に戻せ楽に片付けができます。

それから、お家の中は荷物や物を起きやすい場所が多く、ついついいろんな場所に置いてしまいがちになってしまいます。
それをきちんと決まった場所に置くだけでお部屋を綺麗に保てるそうです。

2、シンプル、簡単にできる

  • 散らかるのは当たり前!!戻しやすいことが大事
  • 動作がスムーズでストレスがないこと
  • メンテナンスが安易なもの

まず、物の住所が決まっており、出しやすく戻しやすいことが片付けが続くコツなんだそうです。どんな家庭でも散らかってしまうのは当たり前らしく、その後の戻す作業が大事なんだそうです。

それから、物の収納時に動作がスムーズであることが第二条件。これは、「収納場所の扉や引き出しの開閉がスムーズか」「よく使うものの収納場所は手前に置けるか」等のことです。収納時の少しのストレスは積み重なると日に日に片付けが嫌になる原因にもなります!古くなって使いにくい収納場所は時には思い切って買い替えも大事です。

物を表に置いておくと埃が溜まってきたり、汚れがこびりついたりしてきます。
綺麗にしにくい形状や素材の物だとメンテナンスをしたくても簡単にできない…という状況になりがちで放置しちゃう事も多いと思います。
お部屋に置くものは綺麗を保てやすい「メンテナンスがしやすいもの」で揃えていく事がおすすめです。


3、ものを増やしすぎない

  • 定番があると、ものが増えていかない
  • 何かを手に入れたら何かを手放しバランスをとる
  • プチプラで季節ものは、購入と同時に手放す覚悟を

よく使うものは「我が家の定番」を決めておくのがポイント。
定番があると買い物時に迷うこともなく、「買ってみたけど使ってない」という状況が減ってきて、お家には必要なものしかない空間になっていきます。

購入品や頂き物どちらでも長くお家に置く事になるものを手に入れたら同じような物を手放すようにする。そうすることで、もので部屋が溢れかえることが無くなります。

手放す事に勇気を持てない間はあまり手に入れないように気をつける事も大切です。

100円ショップやプチプラで手軽に手に入れられる季節ものはシーズンが終わり十分に使い終えたら手放す事もものを増やしすぎない様にするポイントになります。

まとめ

以上が片付けを上手に、長く続けるコツ・ポイントになってきます。

いかがでしたか?*

とても納得できる内容だと思いませんか?
普段から細めに片付けが出来る環境を整えていくことはもちろん、ストレスなく続けていくことが大事だと言われると取り入れやすいですよね(^^)
お片付けの参考に少しでも参考になれば嬉しいです♪




 


プロフィール:HN.ニコリ
現在25歳、沖縄出身、性別は女です。
資格取得:調理師/ホームヘルスケアプランナー

様々な分野に興味を持ちますが、一番好きな事は美容や健康面で自分を磨く事。
学生時代は教室のベランダでカーヴィダンスを踊りボディメイク、調理師免許の取得後は健康やダイエットに役立つ知識を活かし、自身や家族の食生活を改善。

 

現在は自宅でできるトレーニングでヒップアップや内モモやせがマイブームです。




この記事が良いなと思いましたら、人に紹介してもらえたり、ブックマークしてもらえると嬉しいです!!

今日もありがとうございました(^^)**


コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました